The Phone of the Wind

昨日3月11日で東日本大震災から7年が経ちました。

私の両親の実家が福島県なので、親戚が東北地方にたくさんいます。叔父さん、叔母さん、いとこなど。

大地震があったと知ったとき、私は皆が無事かどうか心配でなりませんでした。

なんとか私の親戚は無事でしたが、電気・ガスが何日も使えなかったり、家が津波で浸水してもう住めなくなったり、そして原子力発電所のメルトダウンで、町が放射能で高くなってしまった親戚の家がありました。

この震災で2万2千人以上の人が犠牲になり、今も約7万3千人の人が避難所生活をしています。

今日は「風の電話」というドキュメンタリー番組を紹介します。

岩手県にある山の上に電話ボックスがあります。

東日本大震災などで家族を失った人たちがここへ来て、亡くなった家族と線の繋がっていない電話で話をします。

この番組は2年前のものですが、被災者の家族皆さんが、つらいけどなんとか前向きに生きていてほしいと強く願います。

こちらは英訳のビデオです。

🗾 単語(たんご)🗾

東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)Great East Japan Earthquake

経(た)つ pass

犠牲(ぎせい)victim

約(やく)approximately

避難所生活(ひなんじょせいかつ)をする live in evacuation centers

両親(りょうしん)parents

実家(じっか)family home, one's parents' home

福島県(ふくしまけん)Fukushima Prefetucure

親戚(しんせき relative

東北地方(とうほくちほう)the North-Eastern Parts

叔父(おじ)さん uncle

叔母(おば)さん aunt

いとこ cousion

大地震(だいじしん)huge earthquake

皆(みな)everyone

無事(ぶじ)secure, untroubled

心配(しんぱい)でならない can't help worrying

電気(でんき)electricity

津波(つなみ)tsunami

浸水(しんすい)する be flooded

原子力発電所(げんしりょくはつでんじょ)nuclear power plant

メルトダウン meltdown

放射能(ほうしゃのう)radiation

風(かぜ)の電話(でんわ)the phone of the wind

ドキュメンタリー番組(ばんぐみ)documentary

紹介(しょうかい)する introduce

岩手県(いわてけん)Iwate Prefecture

電話(でんわ)ボックス telephone booth

家族(かぞく)family

失(うしな)う lose

亡(な)くなる die, pass

線(せん)が繋(つな)がっていない the line is not connected

被災者の家族(ひさいしゃかぞく)family members of victims

つらい hard, painful

前向(まえむき)に生(い)きる live positively

強(つよ)く願(ねが)う strongly hope, wish

英訳(えいやく)English translation

ブログランキングサイトに参加(さんか)しています。

クリックしていただけると有難(ありがた)いです。

​Categories
Recent Posts
Archive